フォークリフト オフィスニーズ

フォークリフトのコストダウン
オフィスニーズへおまかせください!

TEL : 052-772-7600(平日9:00〜18:00)/0561-42-7788(土日祝日)
FAX : 052-772-6116/メール(24時間365日受付

定期点検で事故防止・故障を軽減!修理発生時の部品も安価で安心!

お問合せ・ご依頼は

株式会社オフィスニーズへ

TEL 052-772-7600

【受付時間】平日9:00〜18:00

Mail info@officeneeds.jp

【所在地】
愛知県名古屋市名東区本郷2-177 第三幸楽ビル1A

特定自主検査(年次検査・法定点検)

特定自主検査(年次検査)済標章 定期自主検査(月次検査)済標章
年次検査 標章 月次検査 標章
このシールは厚生労働省より指導を受けた(社)建設荷役車両安全技術協会が発行しているもので、
フォークリフトは”労働安全衛生法”という法律により三つの定期自主検査が義務付けられています。

@特定自主検査(年次検査)

【労働安全衛生規則 第151条の21】
事業者は1年以内ごとに1回、定期に法で定められた項目について自主検査をしなければなりません。
(※有資格者または、有資格業者による検査が必要です。※当社検査業者登録番号:愛第1445号)
これを「特定自主検査(年次検査)」といいます。
  • 圧縮圧力、弁すき間その他原動機の異常の有無
  • ディファンシャル、プロペラシャフトその他動力伝達装置の異常の有無
  • タイヤ、ホイールベアリングその他走行装置の異常の有無
  • かじ取り車輪の左右の回転角度、ナックル、ロッド、アームその他操縦装置の異常の有無
  • 制動能力、ブレーキ、ドラム、ブレーキシューその他制動装置の異常の有無
  • フォーク、マスト、チェーン、チェーンホイールその他荷役装置の異常の有無
  • 油圧ポンプ、油圧モータ、シリンダ、安全弁その他油圧装置の異常の有無
  • 電圧、電流その他電気系統の異常の有無
  • 車体、ヘッドガード、バックレスト、警報装置、方向指示器、灯火装置および計器の異常の有無※代車もご用意しておりますので、業務に支障をきたしません。

特定自主検査
※代車もご用意しておりますので、業務に支障をきたしません。
※特定自主検査時に異常が見つかった場合に必要な修理・交換も全て対応します。
ページのトップへ戻る

A定期自主検査(月次検査)

【労働安全衛生規則 第151条の22】
事業者は1ヶ月を超えない期間ごとに1回、定期に法で定められた項目について自主検査をしなければなりません。
これを「定期自主検査(月次検査)」といいます。
  • 制動装置、クラッチ及び操縦装置の異常の有無
  • 荷役装置及び油圧装置の異常の有無
  • ヘッドガード及びバックレストの異常の有無
ページのトップへ戻る

B始業前点検

【労働安全衛生規則 第151条の25】
事業者は、その日の作業を開始する前に、以下の項目について点検を行わなければいけません。
これを「始業前点検」といいます。
  • 制動装置及び操縦装置の機能
  • 荷役装置及び油圧装置の機能
  • 車輪の異常の有無
  • 前照灯、後照灯、方向指示器及び警報装置の機能
始業前点検表を作成しましたので、ご自由にダウンロードしてお使い下さい。

 始業前点検表はコチラ

以上すべては、法律で義務付けられた検査です。実施しない場合は、
1車両につき50万円以下の罰金に処せられます。弊社では、企業における法令順守(コンプライアンス)、社会的責任(CSR)の観点から、特定自主検査の実施を推進しています。

コスト面で不安になられるかもしれませんが、修理発生時には部品コストを安価にご提供できる場合もありますし、実績豊富なメカニックが対応いたしますので、安心してご依頼ください。

フォークリフトを定期的に点検することは、未然に事故を防ぐ
だけでなく、故障を減らし、延命・コスト削減に繋がります。
  見積依頼
全国対応可能です!まずは、見積依頼を!
見積依頼

※見積依頼書はPDFのファイルです。PDF形式のファイルを見るためには、Adobe Readerが必要です。
ページのトップへ戻る

フォークリフトで公道走行の必要があるお客様へ

例えば、工場と倉庫が道路(公道)で分かれており、そこを作業上フォークリフトで横断しなければならないような場合には、以下のことを満たしていることが条件になりますのでご注意ください。
登録作業についてわからないことがあれば、ご相談ください。
  1. 下記「小型特殊」または「大型特殊」の要件を満たしていること
  2. 1.に必要な免許・資格を有していること
  3. 荷物を積載していないこと
  4. 荷役作業をしないこと
  5. 牽引走行をしないこと
  6. ナンバープレートが取り付けられていること
  7. 作業灯点灯したままの走行しないこと
フォークリフトなどの特殊車両は、寸法及び最高速度により、「小型特殊自動車」「大型特殊自動車」に
分類されています。下記のように車両区分が設けられています。
小型特殊自動車 大型特殊自動車 注)3
区分け基準 全長4.7m以下
全幅1.7m以下
全高2.8m以下
最高速度15Km/h
全長・全幅・全高 原則制限無し
公道走行 有り 無し 有り 無し
運転免許 小型特殊免許 注)1
二輪免許
普通免許
大型免許
大型特殊免許 注)2
特別教育修了証 大型特殊免許 技能講習修了証
課税 軽自動車税 軽自動車税 注)4 固定資産税
ナンバー
プレート
市町村役場へ
申請が必要
不要 注)4 車検場
(持込み)
(登録番号票)
不要 注)4
車検 不要 必須 不要
自賠責保険 必須 任意 必須 任意
注)1 ヘッドガード等(ヘッドガード、安全キャブ、安全フレームその他これらに類する装置)を除いた部分が2.0m以下で、ヘッドガード等を含めた高さが2.8m以下の場合。
注)2 ヘッドガード等を除いた部分が2.0mを超える場合は、大型特殊免許が必要。
注)3 カタピラを有する自動車(内閣総理大臣が指定するものを除く)、ロード・ローラ、タイヤ・ローラ、タイヤ・ドーザ・ロードスタビライザ、グレーダ、スクレーバ、ショベル・ローダ、ダンパ、モータ・スイーパ、フォークリフト、ホイール・クレーン、ストラドル・キャリヤ、アスファルト・フィニッシャ、ホイール・ハンマ、ホイール・ブレーカ、フォーク・ローダ、農耕作業用自動車、ロータリ除雪車、ターレット式構内運搬車、自動車の車台が屈折して走行する構造の自動車及び内閣総理大臣が指定する特殊な構造を有する自動車
注)4 構内作業車を市区町村に登録せず、軽自動車税を支払わないと、固定資産税の償却資産として課税される。軽自動車時の納付証票としてナンバープレートが公布される。

※2013/6/12 車両区分について国土交通省自動車局整備課にて確認しております。
※2013/6/12 運転資格については警察庁にて確認しております。
ページのトップへ戻る
お問合せ・ご依頼は株式会社オフィスニーズへ

TEL 052-772-7600 【受付時間】平日9:00〜18:00

FAX 052-772-6116 【受付時間】24時間365日

Mail info@officeneeds.jp

【所在地】愛知県名古屋市名東区本郷2-177 第三幸楽ビル1A ⇒会社概要