フォークリフト用ノーパンクタイヤが耐久性に優れた高品質で低価格。

フォークリフト オフィスニーズ

フォークリフトのコストダウン
オフィスニーズへおまかせください!

TEL : 052-772-7600(平日9:00〜18:00)/0561-42-7788(土日祝日)
FAX : 052-772-6116/メール(24時間365日受付

フォークリフト用ノーパンクタイヤが耐久性に優れた高品質で低価格。

フォークリフト用タイヤ・新品ホイール販売

フォークリフト用ノーパンクタイヤ交換

オフィスニーズが取り扱う海外製ノーパンクタイヤは、耐摩耗性・高いグリップ力・安全性を重視した低価格のタイヤです。
黒ゴム・カラータイヤ(白・緑)、スノータイヤ、耐油性タイヤ、リーチ用のタイヤ(ゴム・ウレタン・白)とお客様のニーズに合わせたタイヤを販売しております。

パンクの心配がなくメンテナンス不要、ガラスや鉄粉等が散乱する路面や環境においてもご使用頂けます。タイヤのみから出張交換、ホイール販売までお任せください。

《対象車両》
  1. フォークリフトカウンター式(バッテリー車、ガソリン車、ディーゼル車)
  2. フォークリフトバッテリー車リーチ式
  3. ショベルローダー、ホールローダー ・・・etc
カウンター式ノーパンクタイヤ部位説明
リーチ式フォークリフトタイヤの部位説明

・タイヤ
・ホイール脱着工賃
・ホイール圧入(組み替え)費用
・タイヤ送料
・廃タイヤ処理費用
・出張費

ご案内するノーパンクタイヤはホイール付です。タイヤのみでも対応はいたしておりますが、交換に当たってはタイヤ以外に費用がかかりますのでご注意ください。

タイヤのみで購入されると一度タイヤを外してホイールを送ってから組付けするため、その間はフォークリフトが使用できなくなります。

ホイール付の場合は、商品到着後にタイヤの脱着作業のみで済みます。

カウンター式用フォークリフトタイヤ

《取り扱いノーパンクタイヤの特徴》
その1

耐久性実証済み
300台以上のフォークリフトで海外製ノーパンクタイヤを使用し、耐久性を 実証済み!負荷重による変形が少ないため、車両の安定感が高いのが特徴です。 理想の三層構造とトレッドパターン見直しが高品質を支えています。

その2

ホイール付きで納品
お見積りの価格は、貸ホイール付(ローテーション制)となっております。 ホイルへ新品ノーパンクタイヤを組み付けした状態でお届けするため、ホイールへ 圧入(組み付け)の間フォークリフトが使用できないということはありません。 タイヤのみの販売、出張交換まで希望などご要望に合わせて対応いたします。

その3

送料・廃棄タイヤ処理費用が込み
提示するお見積りには送料・交換後の廃タイヤ処理費用が含まれております。 古いタイヤは適正処理困難物にあたるため、粗大ごみや不燃ごみとして自治体のごみの回収に出すことはできません。産廃業者にて処分する必要があります。 ※沖縄・北海道・離島等は別途送料がかかりますのでご了承願います。

ページのトップへ戻る
《ノーパンクタイヤとエアタイヤの比較》
【ノーパンクタイヤ(ユニークタイヤ)】
メリット デメリット
            
  • 長持ちする
  • カラータイヤ(白、緑)があり、床にタイヤ痕を残しにくいタイプもある
  • パンクの恐れがない
  • 空気圧の調整等メンテナンスを特に必要としない
            
  • エアー(ニューマチック)タイヤに比べ金額が高い
  • タイヤの溝が減るとスリップしやすい
  • クッション性が無いため、乗り心地が悪い
  • 路面からの抵抗が大きいため高速走行には向かない
  • 重量が重いため交換作業が大変
【エアタイヤ(ニューマチックタイヤ)】
メリット デメリット
            
  • 比較的、金額が安い
  • フォークリフトの乗り心地が良い
  • タイヤ自体が軽いので交換する際は持ち上げるのが楽
            
  • パンクの恐れがある
  • 空気圧の調整等メンテナンスが必要
見積に必要な情報について
  • フォークリフトのメーカー
  • フォークリフトの型式
  • タイヤサイズ及び種類(黒ゴム・白・緑)
  • 出張交換を希望されるか
ページのトップへ戻る
《新品タイヤ交換で”ロス”が防げます》
タイヤがすり減ると直径が小さくなり1回転で進む距離が縮むことで燃費に影響を与えます。
トレッドの溝が浅くなってくると、排水性、水をかきわける能力が落ち、湿潤路面でスリップしやすくなってしまいます。
スリップサイン(磨耗限度のライン)を超えるとホイール損傷の原因となり余計な費用が発生することにもなりかねません。
磨耗したノーパンクタイヤの比較
ノーパンクタイヤのスリップサイン・磨耗限度

例)500-8の場合

新品タイヤと磨耗したノーパンクタイヤを回転させた時の差

1回転で9cmの差で100回転で・・・
9mの差となります!

ノーパンクタイヤQ&A

ホイール無しでも購入可能ですか?
はい、ホイールなしでも購入可能です。
スペアタイヤとして購入したいのですが、返却不要のホイール付はありますか?
はい、対応可能です。スノータイヤなど使用時期が限定的など使い分けが可能です。
交換作業もお願いできますか?
はい、フォークリフトの使用場所までお伺いして交換いたします。地域により出張費が異なりますので、別途出張交換費用を見積りさせていただきます。
ノーパンクタイヤはなぜパンクしないのですか?
空気の入ったチューブが無く、ゴムの層でタイヤを構成しているためパンクしません。
ページのトップへ戻る

ノーパンクタイヤのサイズ表

サイズ カラー
400-8
500-8
15×4 1/2-8
16×6-8
18×7-8
600-9
21×8-9
23×9-10
650-10
700-12
250-15
300-15
550-15
600-15
700-15
750-15
28×9-15
8.25-15
7.50-16
8.25-20
9.00-20
10.00-20
ページのトップへ戻る

リーチ用フォークリフトタイヤ

各メーカーに合わせたバッテリー車リーチ式のタイヤを取り揃えております。
【トヨタ・ニチユ・ユニキャリア・TCM・日産・コマツ・住友・シンコーなど】  
《リーチ式フォークリフトのタイヤ種類》
リーチ式タイヤの部位説明

ウレタン ゴム
リーチ式ウレタンタイヤ リーチ式ゴムタイヤ
  • ゴムよりも長寿命
  • 路面にタイヤ跡が目立たない
  • ウレタンよりも低コスト
  • 滑りにくく、グリップ力に優れている

タイヤの種類 前輪or後輪 特徴 ハブ ベアリング
ロードタイヤ 左右の前輪 1.4t以上のフォークリフトはウレタンのみ 貸しハブ付きで対応可能 必要
ドライブタイヤ 大きい後輪 駆動輪と舵輪の機能を持つ 貸しハブ付きで対応可能 不要
キャスタータイヤ 補助輪の後輪 通常は2輪。まれに1輪タイプもあります ハブ部分はタイヤと一体式 必要
※ロードタイヤとドライブタイヤのハブ付きをご希望のお客様には貸しハブ付きでの対応が可能です。
交換後、必ず今お使いのハブ付き廃タイヤをご返送ください。
見積に必要な情報について
  • フォークリフトのメーカー
  • フォークリフトの型式
  • タイヤ種類(ゴム・ウレタン・白)
  • 出張交換を希望されるか
ページのトップへ戻る

新品ホイール販売

各メーカーに合わせたフォークリフト用新品ホイールを取り扱っております。  
フォークリフト、ホイールローダーなど産業車両用のホイールを各機台に合わせて製作いたします。  
合わせホイール リング式ホイール
合わせ式ホイル リング式ホイル
  • 2枚のリムを合わせて、ボルトで締結したホイール
  • リム本体とロックリング、サイドリングで構成されたホイール
 
見積に必要な情報について

・フォークリフトのメーカー
・フォークリフトの型式
・タイヤ幅
・リム径
・リム幅

タイヤサイズの見方

ホイルのリム幅
ホイルのリム径
タイヤの外径

ページのトップへ戻る

フォークリフトタイヤのトラブル事例

事例@ 【リーチ式フォークリフト】タイヤ変形の不具合
不具合
内容
ウレタンタイヤが変形していました。長い距離を走らせると一定間隔で突き上げるような振動が発生します。
調査結果
・原因
長い間リフトに乗らなかったため、ウレタンタイヤが自重により楕円状に変形したものと推測されます。
事例A 【リーチ式フォークリフト】内部発熱によるタイヤ剥離の不具合
写真
不具合
内容
タイヤがそのままの形でハブから剥離していました。
調査結果
・原因
ハンドルの切り返しが多いため、熱がウレタン内部に蓄積され、ウレタン材質が融け溶着効果がなくなり剥離に至ったものと考えられます。
また、摩耗状況より交換時期を過ぎており、いかなる事故が発生してもおかしくない状況でした。
新品時の外径が380mmに対して、破損発生時の外径は315mmでした)
事例B 【カウンター式フォークリフト】発熱によるタイヤ欠けの不具合
写真
不具合
内容
タイヤのトレッドパターンが欠けていました。
調査結果
・原因
路面が滑りやすいのとハンドルの切り返しが多いため、熱がタイヤに蓄積され段差に接触した際に、欠けたものと考えられます。
また、路面状況や使用方法は同じですが、メーカーのゴムの材質の違いによって欠け方に違いが出ていると推測されます。
<総 括>
路面状況や使用方法が同じでもメーカーによって、適合の可否が異なる場合もありますので、お客様の使用環境に合ったタイヤを探し、お試しいただくことをおススメします。
ページのトップへ戻る